ショスタコーヴィチ:交響曲第5番 / ネルソンス, ボストン交響楽団

2018.06.16 Saturday

0

    クラシック道の門を叩いた人に、いきなりショスタコーヴィチを突きつけたら、きっとその場で逃げ出すのではないか。

     

    それがショスタコーヴィチの第8番を聴いた時の率直な印象。第一楽章から20分にも及ぶ、紙のようなアダージョ。時折訳の分からない落書きがなされ、それだけでもう泣きたくなってくる。

     

    ショスタコーヴィチはもう御免蒙ると思ったのも束の間。「では、第5番ならどうだ?」と恐る恐る再生してみる。

     

    …難しい。非常に難しい。それでも難しいものを難しいとそのままにしておくのも、なんだか敵前逃亡をしてしまったチキンのような気がしたので、じっと我慢の子で聴き続けてみる。

     

    それでもやはり難しい。ピアニシモからフォルテシモまで、そして舞台に配置出来るありとあらゆる楽器を使いきり、それによって何かを訴えかけているようなのだが、その何かしらを意図するところの鉄壁な強さに、勝手な想像の余地も許されないようで非常に悔しい。

     

    そう、「俺様の音楽なのだがから、ありがたく聴きたまえ」とでも言ったような、恐るべきジャイアニズム。それがショスタコーヴィチなのではないかという結論に行き着いた。その音楽の前に、ただうなだれて頭を垂れ「なんだか分からないけれども、凄いですね」と、分からないなら分からないなりの賞賛を送るのが、正しい作法なのではないかと思わされるほどに、難しい。

     

    さて、難しい難しいと連呼したところで、ではなぜこれを題材にしたかと問われるのならば、難しいと思ったからこそネタにしたのだ、と堂々と胸を張って答えよう。2018年の今、自分にとってのショスタコーヴィチはこのような感想で、このような回答しか書くことが出来なかった。

     

    ならば5年後、10年後はどうだろうかと、その未来への便りとしてこれを書き残しておくことにしたのだ。そのような未来に自分がこの曲をひもといた際、どのような感想が生まれ、そしてそれが今の感想とどれだけのギャップを生み出しているのか、そこに興味がある。

     

    ショスタコーヴィチさん。いつかは絶対に自分のものにしてみせるからな。その日まで待っていろよ。

     

    ⇒e-onkyo

    ショスタコーヴィチ:交響曲第5番、第8番&第9番、他【96/24】

     

    ⇒TOWER RECORDS ONLINE

    ショスタコーヴィチ:交響曲第5番・第8番&第9番 ≪ハムレット≫組曲(抜粋)【SHM-CD】

     

    ⇒Amazon

    ネルソンス(アンドリス),ショスタコーヴィチ,ネルソンズ(アンドリス),ボストン交響楽団
    ユニバーサル ミュージック
    ¥ 3,080
    (2016-06-08)

    ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第5番《皇帝》 / グルダ, シュタイン, ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

    2018.06.09 Saturday

    0

      ベートーヴェンの交響曲をどこかイージーリスニング的に聴き流せるようになってきたら、次はピアノ協奏曲へ。交響曲の見本市的な楽曲群とはまた趣が異なり、ピアノと言う単体かつ雄弁な楽器が主役を張ることで、曲にある種の緊張感が生み出される。

       

      ここで聴くことの出来るグルダの演奏は、リリカルかつダイナミクスあふれるもの。その振れ幅の大きさで、楽曲を雄大に歌い上げる。時にピアニストの性質に左右される神経質なまでに研ぎ澄まされた演奏ではなく、非常に滑らかな歌心を持った演奏であると言える。それは懐の広い、馥郁たる音そのものとしても感じ取ることが出来る。

       

      ベートーヴェンの交響曲に共通する骨格の明確さと、単独で歌い上げるピアノとの組み合わせとが相まって、どこか扉を一つ開けたような爽快感まで覚えるほど。

       

      自分がピアノ協奏曲に求めるものは、その爽快感に繋がるカタルシスであり、それを十二分に堪能出来る演奏がここにはある。

       

      そしてもちろん忘れてはならないのは、ウィーン・フィルによる芳醇なオーケストラの響き。ピアノが主役になりがちなピアノ協奏曲にあって、ここではオーケストラもまた主人公であり、楽曲に対するお互いの解釈の高さが相乗効果につながり、演奏を高い次元に押し上げていることが手に取るように分かる。

       

      ピアノとオーケストラのその両方の魅力をじっくりと味わいたい際に引き出す、解釈のしやすい名演として、常に手元に置いておきたい作品であることは間違いない。

       

      ⇒e-onkyo

      ベートーヴェン:ピアノ協奏曲全集【192/24】

       

      ⇒TOWER RECORDS ONLINE

      ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第5番≪皇帝≫【CD】

      ベートーヴェン:ピアノ協奏曲全集<初回生産限定盤>【SHM-SACD】

       

      ⇒Amazon

      グルダ(フリードリヒ),ベートーヴェン,シュタイン(ホルスト),ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
      ユニバーサル ミュージック クラシック
      ¥ 720
      (2013-05-15)

      シベリウス:交響曲第5番 / ベルグルンド, ヨーロッパ室内管弦楽団

      2018.06.02 Saturday

      0

        シベリウスを言葉に起こすのは困難な作業である。指揮者、楽団、録音時期。そのいずれを取ってもそれぞれに大きく個性の異なるものだからである。

         

        無論、それらはどの作曲家の作品においても言えることではあるが、ことシベリウスに関しては、フィンランドという北欧の自然や神話、そこに至る想像や解釈が聴き手である自分には求められるために、その個性の差異にはある程度敏感に対応しなければならない。

         

        ベルグルンドがタクトを振るシベリウスは、その中でも最も良心的な中庸であり、自らがシベリウスに接する上での基準点となっている。ベルグルンドがシベリウスネイティブであるフィンランド人であることを除いても、その描こうとした世界がこの耳には最も雑味なく入り込んでくるのが、彼が指揮する演奏なのである。

         

        さて、シベリウス、こと、この第5番を聴くにあたっては、自然界との対話を求められると常々考えている。それは生命の宿る自然界に目を凝らすことであり、また大気に宿る精霊の呼びかけに耳を澄ます行為でもある。

         

        この地球上に起こりうるありとあらゆる自然現象に対して敬虔であれ。それは歴史ある宗教とストイックに向き合う姿勢にも似て、音の一つ一つを細かくひもときながら、その意味するところ、描くところに想像力というスパイスを効かせながら楽曲に挑む喜びにも繋がる精神的な作業でもある。

         

        弱音部で歌う細かなストリングスのトレモロは、正に目に見えない自然界におけるサムシング(先に精霊と言葉を使ったが)の上に、命は宿っていることを描いているかのよう。植物に例えるのであれば、シダ植物のビロードの上に大木は成り立っていると解釈してもよいだろう。

         

        力強く歌われる管楽器は命の行進。人間を取り除いた自然界がもし存在するのであれば、どれだけの動植物がその命を謳歌するだろうか。果たして人間はこの音楽が描き出す世界の中に存在してよいのだろうか。

         

        そして一番最後に配置された咆吼は、生命の雄叫び。それは断末魔かもしれない。もしくは誕生の祝福か。

         

        創造主たる神。なんとも陳腐な表現ではあるが、それはおそらく絶大たる一つの存在なのではなく、不可視たるミクロの構成によって形作られた「この世を成すもの」なのではないかと、このシベリウスを聴いては想像を働かせるのである。

         

        ⇒TOWER RECORDS ONLINE

        シベリウス: 交響曲全集<タワーレコード限定>

         

        ⇒Amazon

        ベルグルンド,ヨーロッパ室内管弦楽団
        インディペンデントレーベル
        ¥ 2,760
        (2012-01-20)

        チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番 / リヒテル, カラヤン, ウイーン交響楽団

        2018.05.26 Saturday

        0

          リヒテルとカラヤンが組んだ、この1962年録音のチャイコフスキーがたまらない。

           

          全てにおいて雄弁な演奏であるのにもかかわらず、この上なくスポーティー。緩急自在に曲をコントロールしているのはカラヤンの力なのかリヒテルの演奏なのか。もちろんそのどちらもそれぞれに寄り添いながらも、お互いの主張を一歩も譲らない雰囲気まで漂う演奏が、これまた聴き手にこの上ない緊張感とカタルシスを与える。

           

          ピアノ協奏曲なのでもちろん聴き所はリヒテルのピアノ。これがとにかくキメる。キメッキメ。歯切れの良さに打鍵のバリエーションの豊かさが加わって、向かうところ敵なしの演奏を聴かせてくる。ピアノが休んだ瞬間、音が箸休めに聞こえてしまうほどに、その主張は激しい。

           

          何よりも一番の聴き所は、これでもかと言わんばかりにキメる縦の強さ。このキメの強さはテクニカルと称するよりも、むしろメカニカルなのではないかと思えてしまうほど。滑らかに歌う箇所においても、決して横滑りすることなく、必ず縦の線を印象強く残している。しかしそれは決して機械的と表するものではなく、曲を美しく歌いながらの縦への明瞭な意識が奏者の中に存在しているからなのだろうと。

           

          もちろんオケとの噛み合い方も明快かつ力強い。特に第3楽章で味わえるこの歯車の見事な噛み合わせは、ピアノ協奏曲界のピタゴラ装置ではないかと。

           

          曲が終わった瞬間に思わず溜め息と拍手が出てしまう濃厚な35分間。名演という表現が決して大げさではない、美しさと力強さを誇っている。それは録音から60年が経とうとしている今においても、何も色褪せるものではない。

           

          ⇒e-onkyo

          Rachmaninov: Piano Concerto No.2 / Tchaikovsky: Piano Concerto No.1

           

          ⇒TOWER RECORDS ONLINE

          チャイコフスキー&ラフマニノフ: ピアノ協奏曲, 他 / スヴャトスラフ・リヒテル

           

          ⇒Amazon

          リヒテル(スヴャトスラフ),ラフマニノフ,チャイコフスキー,ヴィスロツキ(スタニスラフ),カラヤン(ヘルベルト・フォン),ワルシャワ・フィルハーモニー管弦楽団,ウィーン交響楽団
          ユニバーサル ミュージック クラシック
          ¥ 1,431
          (2009-10-21)