ブルックナー:交響曲第3番 / セル, クリーヴランド管弦楽団

2018.09.16 Sunday

0

    鮮烈な演奏!

     

    僕が勝手に抱いていた「オーケストラ全体をゆったりと楽しむのがブルックナー」と言った印象を見事に覆された、とにかく切れ味の鋭い演奏。斧で大木をガツンと切り倒し、鉈で枝をスパンと切り落として行くが如く。

     

    美しい弦楽器のタスペトリー、そこに官能的に絡み合う木管、そして何よりも、正義の旗を振りかざして突き進む金管。とにかく冒頭から聴き所満載なのだけれども、第3楽章から第4楽章にかけてのカタルシスが特に素晴らしい。

     

    手許にあったブルックナーで、3番をしっかりと聴いた回数が実は少なく、このセルとクリーブランド管の1966年の演奏を何気なく入手し、再生した途端に「!」となったわけであります。

     

    この「!」を解説するならば、「スリル、ショック、サスペンス」と分解出来ましょうか。どこかの歌のタイトルみたいですが。

     

    まずスリル。とにかく一糸乱れぬ統率の取られた演奏。どこかで破綻してしまわないだろうかという、ギリギリまで追い込まれるかのように聞こえてくる演奏は、思わず手に汗握る緊張感を生む。

     

    次にショック。これは既に書いたように「え!?ブルックナーって、こんなに劇的だったの?」と一発で目覚めさせられた衝撃。

     

    最後にサスペンス。どこかで奏者が一瞬でも手許を狂わせようものならば、全てが瓦解してしまいそうな崖の上感。


    これらを乗り越えて、曲の最後までたどり着いた瞬間に思わずスタンディングオベーションしてしまいたくなるほどに、興奮させられる演奏。これが半世紀以上の演奏だとは到底思えない、得も言われぬリアリティ。

     

    うん。クラシックとはやはり自分との巡り合わせのタイミングで、感動のケミストリーを生むものなのだな。50年以上の時を経て巡り逢えたのは奇跡なんかじゃないよ。必然なんだよ。

     

    ⇒TOWER RECORDS ONLINE

    ブルックナー:交響曲第3番&第8番 (2018年 DSDリマスター)<完全生産限定盤> 【SACD Hybrid】

     

    ⇒Amazon

    ベートーヴェン:交響曲第5番 / アバド, ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

    2018.09.02 Sunday

    0

      アバド&ベルリンフィルのドイツグラモフォン全録音60枚組CDボックスを購入したのです。ボックスセットの枚数もここまで来ると、来るところまで来てしまった感が強いのだけれども、まだまだ上には上があるしね、と自分を納得させての購入。@160ほどだったのでつい買ってしまった、と言うのも本音ではありますが。

       

      この60枚を全て聴ききるには一生かかるだろうとは思ったのだけれども、そもそもクラシックに傾倒し始めた理由の一つが「クラシックは一生聴ける」と思うに至ったからでもあって。

       

      さて、そこでアバドとベルリンフィルとの組み合わせなのですが、一聴してその場で気がついたのは「あれ?ベルリンフィルってこんなにスッキリしていたか?」と言うこと。

       

      これまでベルリンフィルは主にラトルの指揮で聴いており、またラトルそのものが自分にとってのクラシックの入口の一つだったことから、最初のうちは全く疑問も持たずに聴いていたのです。

       

      ところが、自分の音楽嗜好がクラシックに大きく傾き、その中で色々な指揮者、楽団の演奏を聴いているうちに「ラトルとベルリンフィルの組み合わせって、何かもっさりした感がないか?」と疑問を持ち始めたのであります。

       

      その原因が、指揮者にあるのか、楽団にあるのか、はたまた録音にあるのか、その理由はまだ解明に至っていないのだけれども、ラトルのそれは華はあるが、どこか演奏の歯切れの良くない、何かが装飾されすぎたような演奏に感じられるようになっていたのは事実でして。

       

      そこでこのアバドの演奏を聴いてみると、いや、実にこれまた見通しが良く、フルオケならではの重厚感と、同時にスッキリとした音の見晴らしの良さを感じさせられたのです。重いのだけれども軽やか。その二律背反が同時に存在する演奏とでも言いましょうか。

       

      思うにアバドはシンプルに楽団をコントロールするタイプの指揮者なのではないかと。だからこそ、楽団の持つ力を素直に引き出すことが出来ていて、それが今回のインプレッションに繋がっているのではないかと、ベートーヴェンの第5番を聴きながらこれを書いている今、気がついたのです。

       

      これは自分が今まで気がついていなかった鉱脈を掘り当てたかな、と言った感もあり。だとすればこの60枚組もじっくりと聴ける要素は多いだろうと期待も持てるわけで。

       

      ややするとベルリンフィルを少し遠ざけ始めていた自分を、また引き寄せることになるのかなと。ラトルが任期満了になった今、今後のベルリンフィルにも期待出来るかもしれないし、また、このアバドが残した録音も十分に楽しめることになるだろうと。
       

      ⇒TOWER RECORDS ONLINE

      クラウディオ・アバド&ベルリン・フィル〜ドイツ・グラモフォン録音全集

       

      ⇒Amazon

      Claudio Abbado & Berliner Philharmoniker
      DGG
      ¥ 11,420
      (2018-08-17)

      ブラームス:交響曲第4番 / マゼール, クリーヴランド管弦楽団

      2018.07.28 Saturday

      0

        自分がクラシック音楽をなんとなく聴けるようになった頃に、「ブラームスの4番なんかは聴きやすいからお勧めするよ」と知人に教えられ、取りあえず入った店舗にて廉価で売られていたCDを購入したのがこのブラームス全集。もちろん、ブラームスの曲も知らなければ、当然のように指揮者のマゼールの名前などは聞いたこともない。安かったから買ってみた。ただそれだけのこと。

         

        そこからまずは真っ先に第4番を聴き「ふむ、なるほど」と言ったような印象を受けた記憶がある。

         

        その後も何度となくCDラックから引っ張り出しては、この第4番ばかりを聴いていた。知らずうちに魅せられていた理由は、何よりも主旋律がはっきりしていて分かりやすいことと、楽曲そのものが適度にロマンティックで、映画音楽であるかのように肩肘張らずに楽しめることにある。オーケストラの主たる楽器を、旋律の主人公にうまく割り振って使って書かれているあたりも、今なら魅力の一つだと言えるかもしれない。

         

        その後、名だたる指揮者やオーケストラのブラームスを聴いてきたけれども、結局は最初に聴いたこのディスクに戻ってくる。決してその他のブラームスが気に入らなかったわけでもなく、なんとなく愛着が湧いてしまっただけのこと。クラシック音楽、それも一つの楽曲の一つの演奏に愛着が湧くなどと言うことがあるものなのだと、実は今これを書いている時点で少々驚いている。

         

        録音が良く、過剰な残響もないために楽器の見晴らしが良く、自分にとってとても聴きやすいことが、この演奏を愛する理由。何よりも、重厚過ぎないオーケストラのバランスの良さが一番のツボ。ほどよい軽妙さから引き出される聴きやすさが、自分にとって最大の魅力なのだ。
         

        ⇒TOWER RECORDS ONLINE

        Brahms: Symphonies No.1-No.4, Haydn Variations, etc

         

        ⇒Amazon