ベートーヴェン:交響曲第3番 / カラヤン, ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

2018.04.07 Saturday

0

    理由は定かではないが、自分はカラヤンを敬遠していたきらいがある。どこか近寄りがたい、クラシックに対する十分な耐性と理論武装が出来ていないとこれを語ることは出来ない。そのような印象が先行していた。

     

    ところがつい最近、Twitterに流れていたドイツ・グラモフォンの宣伝につられ「これもまた一つのチャレンジか」と聴いてみることにしたのがこの3番と8番のカップリング。

     

    そして十年近くのご無沙汰でカラヤンを再生させてみると、そこにあったのは、完璧に統制され寸分のズレも存在しない現代建築のような、それでいて音楽として心を完全にわしづかみにされる完璧なクラシックの音世界だった。

     

    このディスクが録音された1984年ともなると、カラヤンも老成の域に入り、ともするとひびの入った骨董品になっているのではないか、といった不安もどこ吹く風。手駒であったのだろうベルリン・フィルから朗々とした深い音を引き出し、ホール全体にそれを解放させている。いや、ホールという器ではなく、届く限りの空間へと音を響かせるかの如く、あらゆる楽器が楽器としてそれぞれに役割を与えられていることが手に取るように分かる。

     

    聴き進めていくうちに、クラシック音楽とはいかなるものかと問われているような気にもなり、その解を求めるべく耳は音へと集中していく。問いかけと解答を同時に提示しているのが、カラヤンのタクトであるのならば、自分はその生徒となって目の前で繰り広げられる魔術の一挙一動から目を離すことが許されなくなる。

     

    カラヤンが超一流であるか否か。クラシックの世界では答えが出ているのかもしれない。かく言う自分においては、ここまで統制され、それに対してアンビバレンツなまでに芳醇な音世界をまざまざと見せつけられると、とにかく頭を垂れて「一流です」と喉の奥から声を搾り出さざるを得ない。

     

    現代のクラシック録音を聴く上では、やはり避けては通ることが出来なかったカラヤン。このタイミングで聴くことになったのも、きっと当然の巡り合わせなのだろう。クラシックの沼にさらにはまり込んだような気がする、なんとも罪作りな1枚になってしまった。

     

    ⇒TOWER RECORDS ONLINE

    ベートーヴェン:交響曲第3番・第8番 【UHQCD】

     

    ⇒Amazon

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団,ヘルベルト・フォン・カラヤン,ベートーヴェン
    ユニバーサル ミュージック
    ¥ 1,944
    (2018-03-07)

    コメント
    【コメント的裏話】
    文中にある10年ぶりというのは、当該録音の一時代前のベートーヴェン交響曲ボックスセットを、まだクラシックのクの字も理解出来ていない、まさかその後にクラシックにはまるとも思っていなかった時期に、「安かったからなんとなく」という理由で買って聴いては「やっぱりよくわからないや」とCDラックの肥やしにしていたのです。

    自分のCDラックには、まだまだそう言った「安かったからなんとなく」買ったら、実は名演でした、名盤でした、と言った、負債から財産になったCDが転がっているので、人生、何が先行投資になるかはわからないもので。
    • by K.Sato
    • 2018/04/07 6:33 AM
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL