シューマン&グリーグ:ピアノ協奏曲イ短調 / ルプー, プレヴィン, ロンドン交響楽団

2018.04.21 Saturday

0

    楽曲にもよるのだろうけれども、ピアノ協奏曲なるものは、個人的にはピアノという素晴らしい音のダイナミックレンジ、そしてポテンシャルを持った楽器と、オーケストラとのバトルであると常々感じながら聴いている。オーケストラを引き立てるのも、また脇役にさせるのも、全てピアノという1台の楽器のコントロール下にあると言うのは、何とも痛快な事ではないかと。

     

    身体に叩きつけられるような音から、とろけるようなロマンティックさで響かせる音まで、1台の楽器であるのにその幅は広く、また、美しい。聴いている身体が完全にピアノと一体化する瞬間がそこここにあるのも、聴いていて耽美な気分に浸れるのも、心と耳とを完全に音楽に引きずり込ませる力を持つ、実にデーモニッシュな楽器であることよ、と。

     

    10本の指から繰り出される音は、雨だれにも嵐にもなる。鍵盤に存在する以外の音は出せないという制約があるにも関わらず、楽器の存在そのものがドラマティックであり、ダイナミックなのは、本当に悪魔の楽器としか言いようがない。

     

    そこでこのルプーのピアノによるシューマンとグリーグのイ短調作品のカップリング。正直どちらがどちらなのか、時に分からなくなるくらいにまだまだ聴き込みが甘いのだけれども、一つだけ確実に言えることは「ピアノはやっぱりカッコいい楽器だわ」と。

     

    ルプーのピアノは鍵盤ががっちりと指に吸い付くタイプの音では決してない。鍵盤と指との隙間に、何かしらの音の「間」が存在している音だと思わせるところも、またロマンティックではないかと。完全硬派な音ではなく、かといって軟弱な音でもない。絶妙なバランスで耳が喜ぶ演奏を聴かせてくれるのがこのルプーという人なのではないかと、超絶有名なこの2曲から感じ取ることができる。

     

    もちろんロンドン交響楽団の演奏も、ピアノに負けじとその存在感を主張するのだけれども、やはり自分の耳ではこのピアノの前においては、その引き立て役になってしまうあたりが、ピアノ協奏曲の面白いところだと思うのだ。

     

    聴き所が多くピアノ協奏曲への入門としてはうってつけなこのカップリング、今後も愛聴盤であり続けるだろうと。

     

    ⇒TOWER RECORDS ONLINE

    シューマン&グリーグ:ピアノ協奏曲イ短調

     

    ⇒Amazon

    シューマン,グリーグ,プレヴィン(アンドレ),ルプー(ラドゥ),ロンドン交響楽団
    ユニバーサル ミュージック クラシック
    ¥ 1,482
    (2009-10-21)

    スポンサーサイト

    2018.09.17 Monday

    0
      コメント
      【コメント的裏話】
      本作のSACDをどうしても入手したいのだけれども、もうどうやっても手に入れることは出来ない。初めてこのディスクを聴いたのがSACDだったので、なおさら余計に欲しいと思うわけですよ。この演奏がDSDならではの音場とリアリティで聴けたなら…。
      • by K.Sato
      • 2018/04/21 7:10 AM
      コメントする
      トラックバック
      この記事のトラックバックURL