スポンサーサイト

2018.09.17 Monday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    ブルックナー:交響曲第3番 / ヴァント,ケルン放送交響楽団

    2018.04.28 Saturday

    0

      ブルックナーをまともに聴けるようになるまでに丸10年かかった。

       

      初めて聴いたのがヴァントとベルリンフィルによる第4番。最早なぜそのディスクを持っていたのかすら忘れてしまったが、10年前の日記を読み返すと「つまらなくはないのだけれども、面白くもない」と書いてあった。

       

      その後、廉価盤だったからという理由でヴァントとケルン放送交響楽団によるブルックナー交響曲全集を買う暴挙に出て、やはりブルックナーの山を越えることは出来ずに挫折。

       

      かくかくしかじかで5年ほど経過。それでも時折ブルックナーを聴き流していくと、徐々に何かが見えて来るもので。それは「ブルックナーは楽曲を楽しむ音楽ではなく、オーケストラを楽しむ音楽だ」と結論づけられるものであり。

       

      まだまだクラシック若葉マークの自分にとって、メロディがはっきりしている楽曲の方が取っつきやすいのは当然の事。一方でブルックナーはオケが一体となって楽曲を紡ぎ上げる楽曲が主であると受け取れるようになってからは早かった。

       

      例えばこの第3番。とにかく金管がバリバリ鳴ってカッコいいことこの上なし。楽章によって主役となる楽器が変わっていくのも面白い。

       

      自分が未熟だからなのか何なのか、メロディはさっぱり頭に入ってこないのだけれども、演奏の面白さが伝わってくる展開と構成に「ああ、自分は今、クラシックを聴いているな」と満足感を得ることが出来る。

       

      そのような満足感程度で果たしてブルックナーへの理解につながるのか、と言った疑問はさておき。そもそもが理解をするためにクラシックを聴くという次元にまだ立っていない自分にとっては、そのような、たった一つの満足のポイントがあればそれでよいのだろうと。

       

      ブルックナーは確かに取っつきにくい。でも、自分なりの魅力となるポイントを見出すことが出来れば、これは純然たるクラシックの王道だと言えるようになってくるわけで。

       

      そして今日もまた、この10年で確かに自分のクラシック脳は成長したのだな、と自己満足に浸りながらブルックナーを聴くのであります。

       

      ⇒TOWER RECORDS ONLINE

      Bruckner: Symphonies No.1-No.9<初回生産限定盤>

       

      ⇒Amazon

      Anton Bruckner,Guenter Wand,Koelner Rundfunk Symphonie-Orchester
      REDSE
      ¥ 2,183
      (2010-11-05)

      スポンサーサイト

      2018.09.17 Monday

      0
        コメント
        コメントする
        トラックバック
        この記事のトラックバックURL