マーラー:交響曲第5番 / テンシュテット, ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団

2018.05.05 Saturday

0

    鬼気迫るマーラー。その一言に尽きる。

     

    金切り声を上げ、刃物を持って襲いかかったかと思えば、ふとすると優しげな声で語りかけてくる。それが同一人物の中で行われる行為であるのであれば、これは完全に何かが破綻しているとしか言いようがない。

     

    しかし、それは人としてあるべくしてある感情の極端な振れ幅。誰しもが持っているだろう狂気と母性。それらはアンビバレンツなものではなく、人という器の中に収められた、極めて原始的な感情の源である。

     

    その感情の奔流を一つのサーガとしてまとめ上げたのがこのマーラーの第5番なのだと、テンシュテットは演奏をもって明言している。時に耳を塞ぎたくなるような咆吼は、それを聴き手である自分が人間として持っている感情の一部分をえぐられているからであり、そして時に目まぐるしく移り変わる場面転換への聴覚の集約は、そこに何が潜んでいるかとのぞき込みたくなる、好奇心と言う名の無防備さを人間として持っているからである。

     

    これほどまでに人を揺さぶる力を持つ音楽と対峙するには、それ相応の強靱な心を持つことすら要求されているかのよう。えぐる、掘り下げる、そして突く。それは攻撃と言う野蛮な行為ではなく、自らを省みる際に必要とされる、痛みを伴う自己分析でもあるのだろうと。

     

    正気でこのマーラーを聴くには、あまりにも人の心の膜は薄すぎる。逆説的に人の感情はその器が大きいものであるからゆえ、マーラーのこの自省を促す行為にも耐えることが出来るのかもしれない。

     

    恐ろしい。それでもこの音の渦に呑まれたい。それこそがアンビバレンツ。

     

    マーラーの魔力。聴き手をそこまで追い詰める力。それを音として彫りだしたテンシュテット。極みの一端はこういったところに現れる。
     

    ⇒TOWER RECORDS ONLINE

    Mahler: Complete Symphonies No.1-No.10

     

    ⇒Amazon

    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL