ベルリオーズ:幻想交響曲 / ヤルヴィ, シンシナティ交響楽団

2018.05.19 Saturday

0

    自らの意のままには出来ず、無意識下においてのみ展開される、夢。現実的または非現実的。その中身を問わず、人は夢を見ることを避けることは出来ない。理性という箍でコントロールされる意識下の行動とは事なり、その内容は自らが望まないものまでもが脳内で投影される。

     

    悪夢に飛び起きたことはあるか。恐怖を前にして自らの声を出すことが出来ない、そこから逃れることが出来ない夢を見たことはあるか。幸せの極みを夢見て、目覚めた瞬間の落胆に絶望を抱いたことはあるか。

     

    現実のハッピーエンドを望むものには最悪の結末を。ペシミストにはこの上ない多幸感を。対極にあるものも、均されてそこにあるものも、全て平等に機会は与えられる。しかし自由ではあるが、自由にすることは出来ない。まこと理不尽ではあるが、それを文字通り夢見ることを望む者もいる。夢を見ることだけに現実への逃避を望む者もいる。

     

    現実はそれほどまでに厳しいものであるか。夢を夢見て生きる日々もあるのだろうか。逃避の先に、時空が歪むほどの夢を見たのであれば、人の背に翼が生えることもあり得るのだろうか。

     

    ベルリオーズは歌う。人は無意識において展開される夢という摩訶不思議な現象において、ありとあらゆる場面を描くことが出来る、それは人に与えられた唯一の不可侵なる自由であると。不可侵であるが故に、理不尽もある、禁忌もある、欲望も満たされる。感情と状況のるつぼである所の夢。譜面に書き起こせば、夢はここまで奇怪に展開される。奇怪であり、誰しもに与えられた機会でもある夢。

     

    さあ、その長く尖った爪で相手の胸を刺すがよい。背に生えた翼で自在に宙を飛び回るがよい。夢は奇怪。夢は欲望。夢は人に与えられた最後の自由の砦。

     

    ⇒TOWER RECORDS ONLINE

    ベルリオーズ:幻想交響曲

    ⇒Amazon

    Berlioz,Jarvi,Cincinnati Symphony Orchestra
    Telarc
    ¥ 5,423
    (2001-10-23)

    スポンサーサイト

    2018.09.17 Monday

    0
      コメント
      コメントする
      トラックバック
      この記事のトラックバックURL