ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番 / アシュケナージ, ハイティンク, ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団

2018.06.30 Saturday

0

    美なるものと甘さたるものは混在ではなく両立するものなのか。その二つの螺旋が組み合わされて作られる演奏は、美なるものなのか甘さたるものなのか。この音楽には、その禅問答への答えが十分に含まれている。

     

    悔しいことに、美を語るにおいて、自分の美に対する経験値はまだまだ少なすぎる。美しいと捉えることは出来たとしても、それは正面から投影した光に弾き出された像を見ているだけであって、同時に生み出されている陰影にまで目をやることはまだまだ難しい。

     

    それでも深い彫刻であれば、影を見出すことは辛うじて出来る、いや、出来ていると信じたい。その刻みの深さがアシュケナージのピアノによって浮き彫りにされる旋律であって、そこに光を当て、包み込むように柔らかく寄り添うのがオーケストラのふくよかな響きではないかと。それらは組み合わせではなく、あくまでも螺旋なのだ。

     

    その回転しながら進み行く様が、美であり甘さ、粋たるものと表現してもいい、を組み上げ、また音をつかさどるものではないかと。回転が進むにつれ二者は滑らかに融合し、決して分離することのない音像を描き出す。原子から引き出された糸は、また別の原子へと繋がり、そして強固たる分子を生み出して行く。それはたとえ強固であっても、音という柔軟な素材を使うことによって、形ある一つの楽曲として成立して行く。

     

    音楽なる芸術は全てが様々な音で繋がって行く。そのような当然のことを再発見させられるようなこの螺旋の彫刻は、甘美という単語を用いて、自分の耳の中へと柔らかく滑り込むのである。

     

    ⇒TOWER RECORDS ONLINE

    ラフマニノフ:ピアノ協奏曲全集【SHM-CD】

     

    ⇒Amazon

    アシュケナージ(ヴラディーミル),ラフマニノフ,ハイティンク(ベルナルト),ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
    ユニバーサル ミュージック
    ¥ 1,966
    (2014-05-14)

    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL