ハイドン:ヴァイオリン協奏曲 / カルミニョーラ, シャンゼリゼ管弦楽団

2018.07.15 Sunday

0

    ディスクを再生させた瞬間に空気が変わる。18世紀の世界へようこそ。

     

    流麗という言葉では足りないほどにブリリアントな響きを聴かせてくれるヴァイオリンの調べと、軽妙な楽団のアンサンブル。初めて聴いた瞬間から耳をがっしりと持って行かれた美の中の美。

     

    ハイドンと言われても、あまり自分の印象には残らない交響曲が沢山ある程度の印象だったものが、このヴァイオリン協奏曲集を聴いてイメージが一転してしまった。「なんと美しくも甘く、そして凛とした旋律を描く作曲家なんだ!」と。

     

    それは弾き振りをするカルミニョーラのテクニックに寄るとことも大きいのかもしれない。いや、この響きにテクニックと言う単語はふさわしくない。譜面に描かれた設計図を音として立体化させる際に、何かの魔法をかけているかのごとく、その音をリアルなものとして伝えてくれる演奏家。

     

    そのヴァイオリンの響きには、耳に刺さる雑味が全く含まれておらず、甘い喉ごしの甘露のように耳に柔らかくもくすぐったく流れ込む。バロックの響きとはこう言うものなのかと改めて教えてくれるかのような、シンプルかつ歯切れのよい音の立て方。

     

    ついつい自分の興味が向きがちな大がかりな交響曲とは異なり、柔らかなその響きで気分を豊かにしてくれる演奏。クラシック音楽における「リッチ」さとは、何も音の塊だけを意味するのではなく、小さな空間に響き渡る音にも共通してある心地よさであると再認識した次第。巨大なダイヤモンドの煌めきもクラシックであるのならば、小さな真珠に反射する光もまたクラシック。これは思わぬ掘り出し物でありました。
     

    ⇒TOWER RECORDS ONLINE

    ハイドン:ヴァイオリン協奏曲集【SHM-CD】

     

    ⇒Amazon

    シャンゼリゼ管弦楽団,ジュリアーノ・カルミニョーラ,アレッサンドロ・モッチア,ハイドン
    ユニバーサル ミュージック
    ¥ 1,836
    (2018-06-20)

    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL