ブルックナー:交響曲第3番 / セル, クリーヴランド管弦楽団

2018.09.16 Sunday

0

    鮮烈な演奏!

     

    僕が勝手に抱いていた「オーケストラ全体をゆったりと楽しむのがブルックナー」と言った印象を見事に覆された、とにかく切れ味の鋭い演奏。斧で大木をガツンと切り倒し、鉈で枝をスパンと切り落として行くが如く。

     

    美しい弦楽器のタスペトリー、そこに官能的に絡み合う木管、そして何よりも、正義の旗を振りかざして突き進む金管。とにかく冒頭から聴き所満載なのだけれども、第3楽章から第4楽章にかけてのカタルシスが特に素晴らしい。

     

    手許にあったブルックナーで、3番をしっかりと聴いた回数が実は少なく、このセルとクリーブランド管の1966年の演奏を何気なく入手し、再生した途端に「!」となったわけであります。

     

    この「!」を解説するならば、「スリル、ショック、サスペンス」と分解出来ましょうか。どこかの歌のタイトルみたいですが。

     

    まずスリル。とにかく一糸乱れぬ統率の取られた演奏。どこかで破綻してしまわないだろうかという、ギリギリまで追い込まれるかのように聞こえてくる演奏は、思わず手に汗握る緊張感を生む。

     

    次にショック。これは既に書いたように「え!?ブルックナーって、こんなに劇的だったの?」と一発で目覚めさせられた衝撃。

     

    最後にサスペンス。どこかで奏者が一瞬でも手許を狂わせようものならば、全てが瓦解してしまいそうな崖の上感。


    これらを乗り越えて、曲の最後までたどり着いた瞬間に思わずスタンディングオベーションしてしまいたくなるほどに、興奮させられる演奏。これが半世紀以上の演奏だとは到底思えない、得も言われぬリアリティ。

     

    うん。クラシックとはやはり自分との巡り合わせのタイミングで、感動のケミストリーを生むものなのだな。50年以上の時を経て巡り逢えたのは奇跡なんかじゃないよ。必然なんだよ。

     

    ⇒TOWER RECORDS ONLINE

    ブルックナー:交響曲第3番&第8番 (2018年 DSDリマスター)<完全生産限定盤> 【SACD Hybrid】

     

    ⇒Amazon

    スポンサーサイト

    2018.09.17 Monday

    0
      コメント
      コメントする
      トラックバック
      この記事のトラックバックURL