マーラー:交響曲第6番 / ヴァンスカ, ミネソタ管弦楽団

2018.03.17 Saturday

0

    80分超えの大作。聴く際には適度に休憩を入れることをおすすめする次第。

     

    さて、マーラー。1911年没という近代の作家としては、相当に聴き応えのある、現代音楽に入る一歩手前で踏ん張ってクラシックの様式美なるものを継承した人物だと勝手に思いこんでいる。

     

    楽曲はジェットコースターのように多角多面に展開をし続ける。次に何が出てくるか全く予想できないジャックインザボックス的なところも、また聴いていて痛快。その滅茶苦茶なストーリー性が魅力的とも言える。

     

    しかし、かように時にロマンティックに、時にヒステリックにオーケストラが悲鳴を上げる譜面を書き綴ったあたり、マーラーなる人物は自分の精神状態に対して、非常に過敏かつ起伏も大きな作曲家だったのではないかと。

     

    自らの感情のおもむくままに浮かんできた音を、ジアゾ焼きの設計図のように全て譜面に書き殴り、それでいて交響曲としての破綻を来さないあたりに、自らを非常に冷静に見つめている作曲家本人の視線を感じ取らざるを得ない。感情の揺れ、ぶれ、と言った物を吐露しているかの如くなのが、その場面転換の切り替えの激しさにも繋がっているような。

     

    大作志向なこの作品は、音の揺れを作曲者の揺れとして心をのぞき込めてしまう、そのような後ろめたさすらおぼえるくらいに、神経を剥き出しにして作り上げた楽曲なのではないかと。

     

    今回下記に紹介する音源は、現時点でリリースされたばかりのヴァンスカ指揮、ミネソタ管弦楽団の演奏によるもの。清冽かつスクエアな音作りに魅力を感じている次第。もっと精神的に聴いていて辛いマーラーや、ライトなマーラーもあるけれども、ここで聴けるマーラーは美しさに振り切ったものであるように感じられる。

     

    ⇒TOWER RECORDS ONLINE

    マーラー:交響曲第6番 【SACD Hybrid】

     

    ⇒Amazon

    スポンサーサイト

    2018.09.17 Monday

    0
      コメント
      【コメント的裏話】
      このディスクを聴いたマーラーマニアの友人は「マーラーをまだよく知らないオケが、おっかなびっくり弾いているような印象もある」と。なるほど、まだまだ自分の知らない理解の世界があると目から鱗が落ちたのでありますよ。
      • by K.Sato
      • 2018/04/07 6:42 AM
      コメントする
      トラックバック
      この記事のトラックバックURL